インプラント矯正とは乱れている歯並びを人工歯根を顎の骨に埋め込み、歯並びを綺麗にする新しい歯列矯正ですが、よく失った歯の代わりに人口の歯を埋め込むインプラント治療があります。
インプラント矯正は似たような治療に思われるかもしれませんが、実はインプラント矯正は歯列矯正として行われるものはインプラント治療とは似て非なるものです。

これまで歯列矯正と言えばワイヤで歯同士を引っ張り合う方法が一般的でしたが、この方法だと2年から3年程度の期間が必要になり、さらには専用の矯正器具を使用する為、見た目にも目立ってしまいました。
一方でインプラント矯正はインプラントを顎の骨に埋め込み、インプラントを支点にして動かしたい歯を引っ張ることで短い治療期間でも効率よく歯列矯正をすることが可能です。
そんなインプラント矯正のメリットですが、先ほどもお伝えをした通り治療期間を従来の歯列矯正の約半分で終わらせることができるという点です。
通常の歯列矯正はワイヤで接続された歯と歯を互いに引っ張り合うことで徐々に歯を移動させていき、その治療期間は約2年から3年は必要とされていました。
しかし、インプラント矯正は人工歯根を起点に必要な歯を引っ張っていく方法なので、歯の移動がスムーズに行われるので従来の歯列矯正の約半分の治療期間で完了します。

次に抜歯をしないでも行えるのも大きなメリットで、歯をより強力に牽引することができますので牽引力が強力な分、歯の移動距離が大きくなり、場合によっては抜歯をしなくても目標の位置まで歯を移動させることが可能です。
この他にも複雑な装置を使用しなくても行えるメリットや動かしたい歯だけを動かせるというメリット、さらには虫歯になるリスクを軽減することができるメリットなどがありますが、では反対にデメリットとなる部分はあるのでしょうか見ていきましょう。

歯列矯正のイメージ まずインプラント矯正と聞くと高い費用がかかるイメージがあるかと思いますが、確かにインプラント矯正は費用が高いのが大きなデメリットとなります。
インプラント矯正の費用は1本につき25,000円から30,000円が相場となっています。
ただし、この費用は器具代や精密検査代、埋入代、薬代、器具の除去代などの治療に必要な費用は全て含まれていて、インプラント治療と比べると費用は約10分の1程度となっています。
それでも費用が高いことには変わりありませんのでデメリットと感じる方も多いでしょう。

次にデメリットとして挙げることができるのが失敗するリスクです。
具体的な症例としては専用の器具が折れてしまう失敗や歯を傷付けてしまうリスクもありますが、これは歯の移動距離が長い場合には避けることができないリスクですので治療前に担当医とよく話し合うようにしてください。
このようにインプラント矯正はリスクとなる部分もありますが、それでも従来の歯列矯正よりも治療期間が短いなどのメリットがありますので、興味のある方は一度お近くの歯科医院で相談をしてみてください。