歯周病は糖尿病へのカウントダウン

歯周病について指導する女性医師 歯周病は口腔内に影響を及ぼすだけでなく、全身疾患と関係性があることも明らかになっています。
その代表ともされるのが糖尿病で、糖尿病に罹患すると歯周病の発症リスクが高まり、同時に歯周病に感染することで糖尿病が重症化する可能性もあります。
糖尿病は血糖値を下げるインスリンの作用が不十分になり、血液中に存在するブドウ糖の濃度が高く様々な症状が現れてしまう病気のことです。

糖尿病になると生体防御の役割を担う好中球の働きが鈍くなるのが特徴で、感染に対する免疫力が低下します。
細菌の活動が抑えきれず、さまざまな感染症にかかりやすくなります。
さらに、血糖値が高い状態になると傷ついた組織を修復する機能も低下して、細胞の破壊と修復のバランスが崩れるのが症状の一つです。
人体は健康な状態だと、新陳代謝により細胞が死滅すると新しい細胞が作られて補いますが、糖尿病によって修復機能が追い付かなくなると歯周病が治りづらくなり、さらには悪化につながります。

ほかにも歯周病になると、血液中に歯周病菌が入り込み血液に乗って臓器など全身へ運ばれてしまいます。
たどり着いた場所では毒性を発揮することで炎症を発症させ、中でも心臓や脳に影響を与えやすいことが研究により明かされつつあります。
歯周病菌が体内へ侵入する経路には気道も上げられ、唾液の中に混ざった歯周病菌が気道に入り肺へとたどり着くのです。
これまで歯周病は口腔内だけの病気と考えられていましたが、現在では全身症状と関係性がある病気です。

糖尿病が歯周病を招く原因になると共に、歯周病も糖尿病を重症化させる原因となるのが特徴です。
歯周病は原因となる細菌が血液中に入り込む可能性がありますが、この時に人体は細菌が出す毒素から体を守るための物質を出します。
このサイトカインと呼ばれる物質は、インスリンを作りにくくする作用もあるため血糖値がさらに低下しなくなってしまうのです。
もともとインスリンの働きが低下している状態なので、血糖値が高いまま維持され合併症を招きやすくなります。

インスリンが十分に作られないと、体が多くのインスリンを作り出そうとします。
すると、インスリンが増えるどころか作る細胞が働き過ぎで機能が低下し、より糖尿病が悪化してしまうのです。
相互に悪い影響を与えると、どちらの病気も重症化のリスクが高まるので、悪循環に陥らないために糖尿病の方や糖尿病予備軍の方は口腔内の健康維持に努める必要があります。